株式会社三共 – 自然をみつめて
製品・リサイクルのお問い合わせは 野尻工場 TEL 0984-21-6123
リサイクル事業

ストーブ製品紹介

木質ペレットはあかるい明日のエネルギー

地産地消エネルギー

木質ペレットは全国どこでも生みだせる地産地消エネルギーです。
ひとつの地域で、1,000トンの木質ペレット(ストーブ1,000台分)を生産・販売すると、5,000万円分の石油代金がその地域から流出せず、雇用も増え、地域が豊かになります。

再生可能エネルギー

木質ペレットは森林の成長過程で発生する間伐材や製造過程で発生する製材クズを原料としているので、化石燃料と違い、数十年で再生することができます。

CO² 削減

化石燃料から木質ペレットへの代替でCO2を削減します。
燃焼して排出するCO2は木が成長時に吸収するCO2で、大気中のCO2を増やしません。(カーボンニュートラル)暖房機をペレットストーブに替えると、ひと冬で約1トンのCO2を削減します。

薪との違い

木質ペレットと薪はここが違います。

  1. 木を1/3に圧縮し、運搬・保管が3倍ラクに。
  2. 屋内での保管が可能で、場所を取りません。
  3. 自然乾燥と違って、いつでも製造・購入が可能。
  4. 灰が少なく、掃除がカンタン。

ドンドン使って、木は無くならないの?

現在の日本では、毎年4トントラックで60万台分(2,000万立方メートル)の木が捨てられています。これをペレットストーブに使うと、毎年500万台分の燃料となります。

 

1日分(10kg)のペレットから出る灰は、お茶碗に1/3くらい(130cc)です。

ひと冬10kgのペレットを100袋燃やしても、
13リットル程度。

ペレットイメージ

ペレット規格

木質ペレットは規格化された均質な燃料です。

木質ペレットには形状・成分を規定した品質規格があります。(一般社団法人 日本木質ペレット協会及びペレットクラブの規格は2012年統合)

SAIKAIペレットストーブは安心・安全・あったかい

燃料は自動供給・自由な火力調整で安心

  1. タンク内には、1日分のペレットが入り、モーターで自動的に供給されます。
  2. 無段階のダイヤル調整で、火力を自由に調節できます。

FF(強制給排気)式で安心

  1. 室内の空気を汚さず、換気の必要もありません。
  2. 給気&排気の2重配管で、防火工事不要。
  3. 設置は給排気管を外に出すだけのカンタン工事。

アナログ運転で、安心操作

  1. ペレットを選ばず、燃料が変わっても安心。
  2. 着火ミスがなく、早い着火が可能な手動着火式。
  3. 常時70Wの低電力で、非常時には小型発電機での運転が可能。

3つの安全装置で安心

  1. 感震停止装置で、地震にも安心。
  2. タイマー消火で、残り火も心配なし。
  3. 異常加熱センサーで、排気詰まりをお知らせ。
    (SSシリーズのみ)

煙も少なく、ご近所にも安心

  1. ほぼ完全燃焼し、ほとんど煙が出ません。
  2. 煙突を立ち上げる必要がなく、ニオイもまき散らしません。
  3. 手動着火で、着火時(1-2分)もわずかな煙。

2重給排気管

安心燃費 4つの理由

  1. 世界最高水準の燃焼効率 85%
  2. おき火の熱を100%活用
  3. 蓄熱輻射で力強い暖房
  4. 止めた後でも暖かい(1時間程度)

木造住宅20畳を暖房するのに、1時間当たり1kg使用します。(SS-1・新潟県)
同じ広さをFF式石油ファンヒータで暖めると、1時間当たり0.7リットルの灯油が必要です。

これを比べてみると
ペレットストーブ
1時間当たり55円×1kg×10時間×30日=1ヶ月16,500
石油ファンヒーター
時間当たり94円×0.7リットル×10時間×30日=1ヶ月19,740

※ペレット全国平均価格 55円/1kg、灯油2012年4月価格 94円/リットル

ペレットストーブの設置例

ペレットストーブは様々な場所でご利用いただいています。

ペレットストーブの設置例1

ペレットストーブの設置例2

ペレットストーブの設置例3

ペレットストーブの展示会を行っています。

ペレットストーブを実際にご覧いただけるよう、展示会を開催しております。
ご興味のあるかたはぜひお気軽にご参加ください。

ストーブ製品についてのご質問、お問合せ

株式会社 三共
【営業本部】
宮崎県小林市野尻町三ケ野山3222-1
TEL:0984-21-6123
FAX:0984-21-6127
お問合せフォーム
受付け時間:8:00 ~17:00(第2、4土・日・祝日を除く)
page-top